6年生最後の大会、2回戦突破!!

2回戦突破!
6年生、最後の大会、山崎武杯!
5対1で勝利し、来週の準決勝へ。

未だに守備、攻撃、走塁とも、細かいミスが多く、課題はあるが、

チームは、連勝で勢いがでてきている。

ここまで来たら、あとは気持ちの勝負。

悔いの残らないように、しっかり準備して、目指すは頂点のみ!

今までやってきた事を全部出しきり、最後は笑顔で終わろう!

2017若葉リーグ敗退。

2017年阿久比町教育リーグ(若葉リーグ) 決勝T準々決勝

2017/12/17(日)  加木屋クラブ 9 – 6 東海ベアーズ×

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 R
加木屋クラブ 0 0 1 0 3 5 9
東海ベアーズ 5 0 0 0 0 1 6

昨日の逆転勝利から一転、今日は筋書き通りの逆転負けを喫して今年の若葉リーグを終えた。

初回はいきなりピンチを招いたが、0点に抑えていい流れの中、相手投手立ち上がりとミスに乗じて5点を先制した。

その後2回こそ0点で抑えたが、3回からは守備の乱れもあり失点を重ね、最終回には逆転を許してそのまま追いつけなかった。

 

エラー7では勝てない。

なぜエラーが多かったか?

 

相手の勢いづいた雰囲気に飲まれた。

他の子のエラーで萎縮して、自分のことで精一杯。いわゆる連鎖反応。

いつもはできていることができない、ではなくて昨日はたまたまできていた。流れがこっちにあったから。

実は各自が自分のものにできていなかった。

どんな状況でも、どんなにプレッシャーがかかっても、いつものプレーができるまで鍛え抜く。試合ではそんなタフさが求められる。

プレッシャーに負けそうな子がいたら、救い出すことができる。

そんなチームが強いのだと、理想のチームだと感じた。

そんな風に思いながら見ていると、結果はとても悔しいけど、この悔しさを絶対忘れてはダメ。

これからは本気度が試される、プレッシャーを跳ね返せる、または楽しめる子どもたちが残っていくのだと。

東海市スポ少駅伝/マラソン大会

今年も年末の風物詩である、東海市内のスポーツ少年団(野球/サッカー/剣道など)が集って競う駅伝/マラソン大会が催されました。

例年通り、ベアーズは陸上部かと思わせるほどの走り込みをやってきて、今年はさらに各個人でモチベーション高く自主錬を続けてきました。

その練習のかいもあり、駅伝の部で総合第二位をいただきました!!!

駅伝選手以外でも、個人マラソンの部でも一年生、三年生、四年生が入賞を果たしました。

みんな、入賞おめでとう!!!

やればやった分返ってくる、またそれでもやりきれなかった悔しさも感じられた大会になったと思います。

入賞できた子もできなかった子も、この嬉しさ、悔しさを噛みしめ、地道な努力を続けてほしいです。

駅伝の部

区間 氏名 区間/累計順位 区間/累計タイム 距離
1 坂井 隼 2/2 3:52/3:52 1.00km
2 大村 悠人 1/1 3:55/7:47 0.98km
3 大村 健太 1/1 3:49/11:36 0.98km
4 新美 智也 3/1 3:56/15:32 0.98km
5 小林 凌介 3/2 4:47/20:19 1.25km
6 在川 起樹 4/2 5:00/25:19 1.25km
7 馬場 秀悟 9/2 5:22/30:41 1.25km
8 中村 駿介 2/2 4:39/35:20 1.25km

マラソンの部

学年 氏名 順位
一年生 新美 颯人 第一位
三年生第二組 浅田 銀河 第一位
四年生第二組 佐藤 爽楽 第三位

続きはまた明日!

2017教育リーグ決勝T進出!!!

2017年阿久比町教育リーグ(若葉リーグ) リーグ最終戦

2017/12/16(土)  〇東海ベアーズ 7 – 2 常滑ボーイズ

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 R
東海ベアーズ 1 0 0 0 0 6 7
常滑ボーイズ 2 0 0 0 0 0 0 2

10月から順延続きで待ちわびた教育リーグの最終戦、勝利しました。

相手はこれまで全勝でリーグ一位通過決定済、

対してベアーズはこの試合で勝てば決勝T進出、

負ければ敗退という状況でした。

初回こそ相手チームに点をもらいながらも裏に拙守とヒットで逆転され、その後は5回まで締まった試合で、ベアーズは続いて3人で終わっていました。

そんな中、6回は先頭打者が振り逃げの後、バント、セーフティを絡めて点を取り、その後は相手のエラーも絡みビッグイニング。

双方ともにチーム力はほぼ互角で、しまった良い試合でしたが、ちょっとしたことでバランスが崩れる野球の怖さと楽しさ。

ベアーズも途中3塁まで走者を進められましたが、乗り切り、チーム力が確実についてきているのを感じます。

決勝T進出、ここまで来たら優勝しかない!!!

新人戦初戦勝利!!

2017年愛知県学童軟式野球東海市大会 1回戦

2017/9/9(土)  〇東海ベアーズ 11 – 6 横須賀ブラザーズ

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 R
東海ベアーズ 1 0 4 0 0 6   11
横須賀ブラザーズ 0 1 1 1 2 1 6

保護者、スタッフが待ちわびた勝利。今季新人戦の初戦は勝利で飾りました。

ベアーズが勝手にライバルと見ているのに、私の知る限りこれまで勝てていない相手。
試合前の監督差し入れのバナナが効いたのか、初回はいい流れ。3塁にランナーを進めてピンチを招くも、何とか凌ぐ。
3回は相手のミスも絡み大量点を加点、その後追い上げられさらに5回に追いつかれてタイブレークに突入。

タイブレークでも積極的な走塁と相手のミスを絡めて6得点、その裏はしのいで勝利をもぎとりました。
見ていてどちらが勝手もおかしくない試合、ピッチャーの好投、ミスの少ない守備、積極的な走塁が勝ち要因となりました。
このような試合ではいかにミスを少なくするか、それに尽きます。

それを乗り越え、今後は打撃にも期待をしたい。
一球同心、これからベアーズは変わることができるのか?

 

勝つための準備が十分にできているのか?

知多地区少年軟式野球交流大会

2017/9/2(土) 共和スポーツ少年団 14 – 1 東海ベアーズ×

 
試合前、相手を見ていて正直同格かと感じていました。
試合が始まってみると、初回最初のバッターにフォアボール、その後も同様の自滅を重ね、試合後半には相手バッターにも安打を重ねられて大敗。
相手がどうこうよりも、自らやるべきことをできているか、そこに尽きると感じられる試合となりました。

東海ベアーズ、ここが踏ん張りどころです。
チーム一丸となって、常勝チームへ這いあがれ!
我々サポーターは、そのための努力は惜しみません。

若葉リーグ初の敗戦

阿久比町教育リーグ<若葉リーグ>

2017/7/15(土)  阿東パワーズ 8 – 7 東海ベアーズ×

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 R
阿東パワーズ 0 0 2 1 5 8
東海ベアーズ 1 0 4 0 2   7

若葉リーグ初の敗戦です。

1,2回はピンチを招きながらも抑えてリードする形で進みましたが、3回は四球からエラーも絡み失点。ここから投手交代。

3回裏には相手のミスに乗じて逆転しますが、5回にはまたも四球とエラーが絡み大量の5失点で逆転を許してしまう。

暑さもありましたが、最終回は集中が切れたようで、ただ逆転されるのになされるがまま…

まだまだ守備にも課題がありますが、自分だけでなくチームが勝つためにはどうしたらよいかを互いに共有して切磋琢磨してほしいところです。

まだトーナメント進出の可能性は残されています。

全員野球で勝利をもぎとれ!!

負けなしの三連勝

2017/7/8(土)  つつじヶ丘ドリームズ 6 – 9 東海ベアーズ〇

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 R
つつじヶ丘ドリームズ 5 1 0 0 6
東海ベアーズ 1 3 5 X   9

初回は守乱の5失点でチームもどんよりでしたが、尻上がりに調子を上げてその後は1失点。3回は三者凡退で最終回も四死球からピンチを招きましたが無失点に抑えました。

守備に関しては、普通に守れば6点取られる試合でもなかったので、まだまだ内野を中心に練習が必要です。

一方、攻撃ではヒットも出て、徐々に日々の練習の成果が出始めているようです。

上級生も練習後にもかかわらず来て、一生懸命応援してくれていました。チーム全員で勝利をもぎとれ!!

教育リーグ初戦勝利!!

2017年阿久比町教育リーグ(若葉リーグ) 初戦

2017/5/5(金)  青山クラブ 3 – 6 東海ベアーズ〇

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 R
青山クラブ 1 0 2 0 0 0 3
東海ベアーズ 0 0 2 0 0 4X   6

今季Cチームの初戦は逆転で初勝利をもぎとりました。

本Cチームにとっての初試合、昨年同様に人数的にもぎりぎり。何人かはAチームでの試合経験を重ねてはいますが、一か月前に入団した選手もいれば、本日投げた両投手にとっては初の投手経験。出場した誰もが初めてで緊張したはずです。

両エースは共に90点のピッチングでほぼ抑え込みましたが、課題の守備の失策絡みで3失点。それでも三振、キャッチャーの盗塁阻止やホームへの好返球もあり地道にアウトを重ねて、最終回にフォアボール、積極的な走塁による三盗、ヒットを絡めて逆転。劇的な逆転勝利を飾りました。

ベアーズが大事にしている守備では課題を残しましたが、何といってもこの初戦の勝利は貴重です。これを糧にさらに厳しい練習を耐えて強くなれるはず。

一回戦突破!!

東海ロータリークラブ旗争奪少年野球大会 一回戦

2017/4/29(土)  大船クラブ 3 – 4 東海ベアーズ〇

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 R
大船クラブ 0 1 0 0 2 0 3
東海ベアーズ 2 0 2 0 0 X   4

今月三度目の対戦となる相手に対して、僅差での連勝。技能の差はほとんどない分、エラーの差が如実に出た試合となりました。

相手の三塁打と継投した投手のワイルドピッチの失点以外はほぼノーエラーで終え、最終回は唯一の6年生が100点投球で4球で締めてくれました。

ベアーズが目標とする守り勝つ野球に一歩近づいたことを実感できました。守のレベルアップを継続しながら走攻もバランス良く伸ばし、さらに上を目指してチーム一丸となりがんばっていきます。