How to 審判

少年野球で私を含めて野球初級保護者が務めるのは塁審が多いです。
4人制審判について審判講習会などで教わった内容を中心に記載します。実際にやってみると言うほど簡単ではありませんが、基本パターンだけでも頭に入れておくことが必要です。

1. 塁審のポジション
2. 塁審の責任範囲
3. 判定の例

1. 塁審のポジション

走者のパターンによってポジションが異なります。
各塁審は各野手、走者の動きの妨げにならない位置をとります。また一塁/三塁塁審はラインをまたがずに外側に位置します。

走者なし

umpire_runner_none

一塁/三塁塁審

各野手の3-4m後方に位置します。

二塁塁審

三塁-二塁ベースを結ぶ線上で、二塁ベース後方およそ5mに位置します。

走者一塁

umpire_runner_1

一塁塁審

牽制時の判定をするため、一塁ベース3-4m後方に位置します。

二塁塁審

一塁走者の盗塁を判定し、また野手の視界を妨げないため、図の位置で中腰になります。

三塁塁審

走者なし時と同じです。

走者二塁

umpire_runner_2

一塁/三塁塁審

走者なし時と同じです。三塁塁審は二塁走者の盗塁に備え、盗塁時はベースに近づいて判定します。

二塁塁審

走者一塁時と同じ位置で中腰となり、牽制時に判定します。

走者三塁

umpire_runner_3

一塁/二塁塁審

走者なし時と同じです。

三塁塁審

三塁ベース2-3m後方に位置し、牽制時に判定します。

前進守備

umpire_runner_full

一塁/三塁塁審

それぞれ走者ありと同じ位置です。

二塁塁審

前進守備時はダイヤモンド内で野手の妨げになることがあるため、ベース後方に位置することもあります。

ランナー一、二塁などの場合も基本は同じで、
一塁/三塁塁審はそのベースに走者がいて野手がベースに入っていればベースの近くに位置し、いなければ各野手の後方に位置します。
二塁塁審は一塁か二塁に走者がいれば、ダイヤモンド内に位置します。

2. 塁審の責任範囲

打球のフライ捕球やボールデッドエリアに打球が入った際のワンベース/ツーベース判定などをする範囲を責任範囲とします。二塁塁審のポジションによっても各塁審の責任範囲が異なります。
外野への飛球は一人の塁審が打球を追い、残りの塁審及び球審で走者のベースタッチ及び送球後のアウト判定を行います。(二人の塁審が追わない)

二塁塁審が外に位置

umpire_runner_range_2outer

一塁/二塁/三塁塁審

外野を三人の塁審で三等分する形となります。例えば図のようなセンターフライの場合、二塁塁審が打球を追う形となります。
一塁塁審は打球が落ちることも想定して、打者走者が一塁ベースを踏むことを確認し、二塁ベースに向かい、二塁での判定に備えます。

二塁塁審が内に位置

umpire_runner_range_2inner

一塁/三塁塁審

外野を二人の塁審で等分する形となります。例えば図のようなセンターフライの場合、三塁塁審が打球を追う形となります。一塁塁審は打者走者が一塁ベースを踏むのを確認して二塁に向かいます。

二塁塁審

外野への打球の場合打球を追うことはありませんが、図で打球が落ちた場合は一塁走者が二塁ベースを踏むのを確認して、三塁に向かいます。(二塁の判定は一塁塁審が行います)

いずれも一/二/三塁ベース上から本塁側は球審が判定します。内野フライの捕球や一/三塁ベースとホームベース間の落球のファウル判定がそれにあたります。内野ゴロでの送球後のアウト判定は、ここでの責任範囲とは別に各ベースの塁審または球審が行います。

3. 判定の例

打球のパターンと、責任を持つ審判、判定の例を示します。

フェア/ファウルの判定

バントした打球が三塁-本塁線上内野側のフェアゾーンでワンバウンドしてファウルゾーンに出た このときのファウル/フェア判定は球審です。ダイヤモンド内フェアゾーンでバウンドして最終的にファウルゾーンに出た場合はファウルとなります。
打球が一塁ベースにノーバウンドで当たってファウルゾーンに出た このときのファウル/フェア判定は球審です。ベースに当たってファウルゾーンに出た場合はフェアとなります。
打球が三塁ベースよりも外野側でライン上にバウンドしてファウルゾーンに出た このときのファウル/フェア判定は三塁塁審です。一/三塁ベースよりも外野側でライン上に最初にバウンドした場合はフェアとなります。

内野への打球の判定

ショートフライ 球審が捕球の判定をします。(インフィールドフライ含む)
ショートゴロ 送球先の塁審がアウト判定をします。塁審は送球の判定に備えて送球と直角の見やすい位置に移動します。タッチプレイは近くの塁審が判定をします。

外野フライ捕球の判定

ライトフライ 一塁塁審が打球を追いかけてアウト判定をします。
レフトオーバーの打球がボールデッドゾーンに入った 三塁塁審がボールデッドゾーンに入ったことを確認して二塁打の判定をします。

各審判は見やすい位置でアウト/セーフの判定を行い、手振りと声で周囲に大きくアピールします。(自信がなくてもあるように見せる)
基本的に、アウトの判定は落球の有無確認があるためゆっくり落ち着いて行うが、セーフの判定は走者にとってプレー継続の判断となるため素早く行います。